ゴールウェイについて | 和歌山市の個別指導塾、ゴールウェイ。

無料体験学習実施中!

ゴールウェイについて | 和歌山市の個別指導塾、ゴールウェイ。

ゴールウェイについて

あなたのお子さんに当てはまる箇所はいくつありますか?

あてはまる番号に○印をつけてくださいね。

  1. ケアレスミスが多い
  2. 試験の点数が取れない
  3. 勉強が面白くない
  4. やる気がでない
  5. 集中できない
  6. 家では勉強しない
  7. 授業についていけない
  8. 気分にムラがある
  9. 通信教育をやっているが伸びない
  10. 塾に通わせていても続かない

もし、1つでも当てはまることがあれば、ちょっと聞いてください。
あなたのお子さんは「やる気」がないわけではないのです。
「勉強の仕方」 が分からないだけなのです。

アンケート結果

勉強の仕方って学校では教えてくれません。自分で見つけるしかないのです。
しかし、なかなか自分で見つけられないお子さんもいます。
そういうお子さんが、ちょっとしたきっかけでどんどん成績が伸びていきます。
ご自分のお子さんをもっと信じてあげてください。
本当は「もっと成績を伸ばしたい」「勉強をがんばりたい」と思っています。

「勉強が嫌い」「つまらない」「何のために勉強するの」
ただ、言葉として上手に表現できないだけです。

本当は「勉強の仕方がわからない」のです。

勉強方法さえ分かれば誰でも大変身できます。

私たちは今まで850名以上の生徒さんを勉強好きに大変身させてきました。
皆さんも最初は「本当かな?」と思われています。

でも、お子さんが自分で勉強するようになったらうれしいと思いませんか。
ぜひ、お子さんの「いきなり大変身」を信じてあげませんか。

やる気のきっかけをつくってあげるのがお父さん、お母さんの役目です。
そこでまずは、お気軽に無料カウンセリングを試してみませんか?

個別指導 ゴールウェイでは、「無料体験授業」の前に「無料カウセリング」を受けていただきます。

病院のお医者さんは、診断もせずに、注射をしたり、いきなり薬を出したりすることってありませんよね。
それと一緒です。

無料カウセリングでは、
あなたが今どうしたことに悩んでいるか、
不安を感じているか、自信をなくしているのか

をお聞きします。

私は、カウンセラーでもありますので、ご安心ください。
守秘義務は守りますし、問い詰めたり、余計なお説教も一切しません。
静かに耳を傾けます。(傾聴といいます)

無料カウンセリングの目的

無料カウンセリングの目的は、

保護者ならびにお子さんの悩みや不安を解消し、
将来について「ワクワクした明るい気持ち」になっていただくことです。

塾長 金康 守利 

悩みや不安を解決するための具体的なアドバイスは惜しみませんので。
ぜひお気軽に楽しみに来てくださいね。

無料カウンセリング終了後には、皆さん安心し、笑顔になってますよ。

なお、無料カウセリンングは丁寧にするため、20分から30分程度お時間いただきます。
また、曜日、時間帯が他の相談者の生徒さんと重なることがありますゆえ、予めご予約いただければ幸いです。
ぜひ、お気軽に無料カウンセリングにお越しくださいね。お待ちしています。

あなたのために、個別指導ゴールウェイが真剣に取り組んでいること

あなたの勉強に対する「不安」を解消するために
ゴールウェイが真剣に取り組んでいることは、以下の3点です。

  • 01 「正しい勉強の仕方」が理解できる

    「正しい勉強の仕方」が理解できるイメージ画像

    毎日、お子さんにやみくもに「勉強しなさい!」って言っていませんか?
    「正しい勉強の仕方」を具体的にアドバイスできていますか?
    実は、数学には数学の正しい問題の解き方、ノートのまとめ方があります。

    英語の勉強の仕方ですが、言語である英語はアクセントに特徴がありので、
    まずは音声を耳で聴き、発音をまねることで理解度が格段にアップします。

    国語は、入試問題では、模試等と同じ問題が出ることはありません。
    だからといっていたずらに数多くの問題を解くのではなく、良問を10問、
    繰り返し3回解き直す方が、読解力が身に付きます。

    同様に社会は社会で、理科は理科でやはり「正しい勉強の仕方」があります。

  • 02 「勉強を続ける習慣」が身につく

    「勉強を続ける習慣」が身につくイメージ画像

    ここではあえて1つだけアドバイスさせていただきます。
    毎日、同じ時間帯ですることが習慣化するコツです。

  • 03 「お子さんのセルフ・エスティーム(自己重要感)」を高める

    「お子さんのセルフ・エスティーム(自己重要感)」を高めるイメージ画像01

    人間の自信というのは、『成功体験』、『ほめられた経験』によって築かれていきます。ですが、学校教育では、なかなか褒められる経験や、成功体験を手に入れる機会がありません。

    だからこそ、個別指導ゴールウェイでは、
    生徒さんに対し、「できて当たり前」ではなく、「できたこと」に対し言葉や態度で示していきます。
    こう申し上げると、「それっておだてるってこと?」という言葉が返ってきたりします。「おだてること」ではなく、「承認」することなのです。

    ちなみにおだてる言葉としては、「すごい!」、「さすが!」など語彙が限られています。「承認」とは、行為そのものを認めてあげることです。

    例えば、玄関で靴が靴を揃えていたときは、「靴をきちんと揃えたね」と言葉に出してあげることです。私は雨の降る中、塾に来てくれた生徒さんにも、「塾に来て当たり前」といったふうに接するのではなく、
    「雨の中、大変だったね。来てくれてありがとう」という感謝の念を持って承認の言葉を投げかけます。

    「宿題もやってきて当たり前」ではなく、「宿題をきちんとやってきたね」と言葉に出して承認することで生徒さんは自信を持ちます。
    自信のないお子さん、ぜひ一度ご相談ください。

    「お子さんのセルフ・エスティーム(自己重要感)」を高めるイメージ画像02

生徒さんの声

  • 今晩は。
     
    いつも、娘がお世話になってます。
     
    お陰様で今回の中間テストの結果、今までで一番良かったです。
     
    娘にとって自信につながれば嬉しいです。ありがとうございました。
     
    信愛中学 3年生 K・Sさん

    信愛中学に通う中3生の保護者からの声をご紹介します。

    1. 親が調べて見つけてくれて教えてくれて知りました。
    2. 秋月コーチの体験授業がすごくわかりやすくて、教室の雰囲気がすきだなって思ったから。
    3. 雰囲気が一番好きです。先生同士で仲良かったり、それに交えて生徒とも喋ったりするほかの塾にはあまり無い空気が好きでした。
    4. 3で答えたことが一番の理由です。あの空間のおかげで、しんどい勉強も少し楽しくなったり、テストを受けてうまくいかなかった時にコーチや、他の生徒と話をして紛れたり出来ました。

    信愛高校 H・Tさん 朝日大学 歯学部合格

ページトップ